好み 

ぽっちゃり系の女性タレント見てて形容し難い好感を抱くから、やっぱりわたしは同性も対象なんだなと(そこ?)(太い人がより好きなだけであってデブ専というやつでは……ない)

性別って人によってはすごくセンシティブな話題になり得るから、迂闊には触れられないなと思ってるのも一因だろうか

少しシモ 

恋愛やセックスや結婚に関わることだったら、性別という情報は必要だと思うんです 客観的な問題ではなく、主観的な美意識の問題として 恋愛対象という概念

そういう括りではない人付き合いにおいて、性別を気にする必要性本当にあるのか? それとも「隙あらばそういう括りにしてしまおう」という気持ちでいるのか……?
わからないなやっぱ

ああでも、これ わたし自身がネット上で「男だと思ってた」と言われて、その上勝手にがっかりされたことがあるのがモヤモヤの直接的原因なのかもなーとも思いますね……ウーンウーン

相手の性別次第で態度を変えるのは(主に好意的/非好意的という次元で)スゴイシツレイだと思ってるけど(前置き)
顔の見えない、性別のわからない、知る必要性が薄い相手の言動や傾向から「男か女か」の二択ジャッジをして影で雑談のタネにするのも、例え性別で態度を変えることがなくてもなんかもやっとする……という、自分の感覚に対する気付きを得た

精神が疲れていて何を考えるにも体力を使う 自分に性別があるってことすら考えたくもない……割といつもそうだけど

リアルの愚痴 

家の人、ネトゲで知り合った相手全員を男か女か勝手にジャッジ?してて結構気分悪い 今の所無理に聞き出したりはしてないけども
人柄を判断するのに、性別って必要な情報なんだろうか……

この辺は現実と一緒くたにするのはあまりよくないって言われがちな話なので、少し反省 でも思考のメモとして残させてほしい

これは余談 

英語圏では男女恋愛の表記において、「BGL」「GBL」という感じでいわゆる左右を明確にするのが主流……という話を聞いたときには これ日本でも主流にならないかな〜!って思いました
んでもこれ本当なのかな 本場の活動までは見てないから、日本語圏でそういう表記を気にするタイプの話題の時にしか聞かないんですよね……

ちょっと愚痴っぽい 

あらゆる創作の界隈、実在人物への配慮意識とかポリコレ的な概念とは対立しがちな界隈だと思ってる節があるので、そういうところまで浸透してきてるってことなのかなあみたいな感じで見てる
ノーマルラブという単語は生まれからして「BL、GLと並べる目的で男女恋愛を『普通』と定義した」ということになるし、まあねぇ……って考えることがある 創作物へのタグ付けの一環でしかない言葉だけども、進んで使うべき言葉ではないなと

わたしも創作する側の人間なので、並ぶ言葉があると便利だとか現実とは違うとかその他諸々の都合はわかってるつもりです

そういう創作物をつくる側の人間に意識が広まっていく様子、これまでに何度か見てきた記憶がある(男女恋愛創作における“ノーマル”関連表記への反発とか)

時代が変わったなあ、と言えば 同性愛を「禁断の恋」として描写してる創作物、わたしがそういう作品ジャンルを知った頃にはまだ割とよくあったような気がするけど、最近は全然見ない いや……見る作品数が減ってそういうのが視界に入ってこないだけなのかな?

プロフ微修正からの自分考察 

やっぱ自分が何かなんてわからないし、わからなくていいやって気持ちになってきた
ただ他人の印象に縛られず好きに生きたいだけだと思う 好きな格好して好きに恋をしつつ誰にも触れずに生きていたい 接触に嫌悪感ある訳じゃなくて、単純に不要なだけ
「好き」にも特に傾向がなくて、割となんでも好きになれるなぁと思った 浅いかもしれないけど

フラッグの色の意味、そこにある思想はわかるんだけど やっぱり自分がなんなのかはわからない

あけましておめでとうございます〜🎍

結婚がどうのとか親戚にとやかく言われるのが嫌なの、セクマイそんなに関係ないっていうか普通に誰でも快く思わないのではと考えたけど世間はそうでもないのかな

世の中が大変なのでしかたない 

流石に世情がアレということで新年の宴会はなくなりそう 少しホッとした……挨拶には行きます

田舎 

と言っても自分のところは控えめな方で、結婚が~とかは極稀にしか言われない分まだマシかな それでも言われることはあるけど……
宴会の時は女が働いて当たり前って環境だから、そういう意味で余計に女性らしさを捨てたくなるみたいなことはある

体調とか親に全部把握されてるので今年まではそうもいかなさそうです……来年からやっと一人で暮らせる

Show older
虹色マストドン

虹色マストドンへようこそ。ここはセクシャルマイノリティ向けのサーバーとなります。