Show newer

以前タイツ履いてたら、ゲイのひとに「男はタイツ履かないでしょ」って言われてカチンときたことあるんだけど、セクマイでもそういうこと言う人いるからなぁ……もちろんマジョリティのなかにも多様性なファッションに理解のある人は居ると思うけど、下手にお洒落して出かけるとリスクは増えるという……。

本当はフェミニンな格好して出かけたいけど、トイレとかの時に人目が気になるせいで着れないでいる……自分の気持ちに折り合いがつけれてないのかなぁ……。単純にリスク回避(トラブル防止)という理由とあるけれど……。

もしガチのバイセクなら、正確には結局のところサードジェンダーは恋愛対象外なんだけどな……本人がパン(ポリ)セクシャルを知らんくてバイセク認知なら、見解を広げれば恋愛対象内なのも間違いじゃないのだろうけど……。

まあ、相手の性的指向と性他認(相手からの自分に対する性別の認識)は、また別の話にはなるが……。

んー別にシスジェンダーかつヘテロセクシャルのアライは居ると思うけどね……。まあ当事者じゃないわけだから、確率的には低いのは確かだけども……。

もし恋愛的な意味で言ってるなら、ヘテロセクシャルの人からしたら、サードジェンダーは恋愛対象に入らんから、受け入れる=恋愛対象外になるのよな……。

なんと懐かしい記事を……これを過去に見て、当時は改めて世には様々な人間が居るものだなと感じましたし、色々と知っているつもりの自分の知識がいかに狭く限定的かを認知して、反省した次第です。

確かに当事者にしか当事者の気持ちを「実感(体感)」したりとか「理解」したりとかは難しいとは思う。でも「知識として認知」したり「様々な事実から想像」したりすることは、当事者なくてもできると思う。例えば、骨折したことがなくても、骨折したときの辛さとか不便さとか、自分の別の経験を元にしながら考えてみることはできるはずだし、骨折した人に対して「こういう発言は無神経かもしれないな」と意識することだって、可能性としてはあるわけで。

何か急に語ってすみません。一応以前から気になっていたことなので呟きましたが、少し多動多弁が出てるかもしれません(汗)

そうそう。だから「アウティングは悪だー!!」とか「アウティングを無くそー!!」とか、そういう活動を見てると本質を見失っている気がしてならない。我々は「マイノリティを特別扱いして欲しいわけではない」はずで、「性差を無くした社会作りが必要」なんでしょ?と問いかけたい。配慮と特別扱いは違うし、マジョリティに配慮を求めるのに、マジョリティに対する配慮を欠けてしまうのはナンセンスじゃないかな。

アウティングに関する持論 

よく「アウティングは駄目だ。アウティングを無くそう」という呼び掛けを見かけるけど、そういうことじゃないと考えてる。「マイノリティの人達がアウティングをされて生活に支障が出る社会に問題があり、それを変えるべき」なのであって、俺は「アウティングという概念を無くす」ことが必要なのだと考えてる。だってマジョリティの人達はアウティングされまくっていて、なんならマイノリティ当事者でさえマジョリティの人達をアウティングしているのに、その事は誰も触れないし問題視もしていない。つまり性差を無くすというなら、そういう事な気がする。そもそも完全にアウティングを無くそうとするなら、恋愛の話とか冠婚葬祭の話とかを始めとする、様々な話が不都合な世の中になってしまうわけで……。

メイド服よいね!(・∀・)ヨキヨキ!

……ん?待てよ?服をプレゼントしたら、着てくれるということか……?🤔(こら)

たまに間違えて飲みすぎちゃうことありますよね~。あと飲んだか飲んでないか分からなくて困るやつも……。

なんか言われても(例えば○性だったんだね~的なこと言われても)「いやwwだから中性なんだってばwww」みたいなノリで返すとか……??まぁどういう関係なのかにもよるけど……。

んー……説明自体はシンプルに今まで通り「中性です」で良いのではないだろうか?ただ、オフに集まる人たちがどういう人物なのか分からないけど、身体とか戸籍とかの性別で相手への態度を変えてしまうよう人々なら……当日のなりふりは考えておく必要あるかもだが……。

昨日に乳腺摘出手術を行ったのですが、大まかな情報を知りたい方は居ますか?おおよその金額や過程などの情報になりますが……。

しかし、若いうちから様々な情報を目にして知見を広げられるのは良いことかと。実際に僕も、もっと早い時期からLGBT+に関する情報を知ってたら良かったな……と思う瞬間はありますし、何事も知ることから始まりますからね。

僕が知っているひとで、ノンバイナリー(Xジェンダー)だけど病院でホルモン注射や胸オペなどを受けているひとを知っているので、FTMとMTFだけしか病院の選択肢が無いわけではないのかなとは思います。

別に子供は親の''所持品''では無いんですけどねぇ……。手術に限らずですが「親から貰った身体を……。」と言う人間の真意は、僕には少し理解が難しいなと感じますね。だって当人の人生決定権を尊重せず否定していることになるので。

Show older
虹色マストドン

虹色マストドンへようこそ。LGBTQなどのマイノリティなセクシャルを持つ方々へ向けたSNSです。